「健康ブログ」氣のキホン~初級編②~

氣のキホン~初級編②~

みなさん、こんにちわ◎

春分を過ぎて宇宙もリセット完了!

 

「吉原氣療院」院長の吉原です。

 

さあ、今回は前回に続き「氣」の基本を学びます。

 

私達のからだに流れる生命のエネルギーを学び、真氣を実感しましょう。

 

さて、前回のブログでは「氣のキホン」の第1回という事で、「先天の氣」と「後天の氣」についてお話しました。

 

今回は、私たちが生きて行く上で必要不可欠な「氣、血」について詳しくお話します。

 

前回のブログから続けて読むと尚、理解しやすいですよ。


前回のブログを読む



氣と血

とは宇宙全体に満ちている生命エネルギー、宇宙エネルギー、命の源と考えます。

 

また、「氣」「血」は非常に密接な関係にあって、「氣」がなくては「血」存在しないと考えられています。

 

「氣」は生きて行くために必要なエネルギーであり、「血」はエネルギーを得るために必要な養分です。

ですから、「氣」の流れが滞ると(氣滞)、血液の流れも滞る(瘀血)と考えます。

 


したがって、自分の中のの流れを整える事と、自分の周り(外側、環境)のを整える事が健康のカギになります。

 

食は体内の精製に密接に関係しています。

食生活生活習慣が悪い人は病院に行ってを飲むより、これらの原因を改善することが最重要になります。

 

さらに詳しくお話しましょう。

食事と呼吸

 

我々の体の細胞は飲食物呼吸から主に作られています。

 

東洋医学では

飲食物(水穀物)は脾臓や胃などで消化され精微物質をつくります。

 

これを【水穀の精微】と呼びます。

 

これはを作るになるエネルギーです。

 

人は飲食物を口から摂取し、それらを胃で消化して「精微物質」として吸収、「精微物質」を胃から「氣」の生成場所である「肺」へ運びます。

 

この作用を「運化作用」とか「水穀の運化」と呼びます。

 

さらに、「精微物質」は運化作用によってに運ばれ、ここで呼吸によって肺に取り込まれた大気(清氣)と混ぜ合わされて、我々の生命活動に必要なエネルギーである「氣」が作られます。

 

肺で作られた「氣」「心」(しん)へと運ばれ「心」で氣が変化して「血」(けつ)が作られます。

 

ここまでがとても重要で、少し専門的に感じるかもしれませんが、覚えておくと良いですね。

 

つまり「食べ物」と「飲み物」と「呼吸により取り入れた大気」が「氣」と「血」を作る、という事です。

 

さあ、 いかに「食事と呼吸」が大切かお分かりになると思います。 

 

そして、「氣」の力を借りて、「血」は肺の協力を得た「心」の作用によって、身体のすみずみまで送り届けられます。

 

そこで、2次的呼吸ともいうべき、氣血の細胞単位の呼吸が行われ、「氣血」から必要な栄養を得た細胞はいらなくなった「老廃物」を「氣、血」に吐き出します。

 

「氣、血」はこれをに持ち帰り、血を浄化したり、二酸化炭素として吐き出したりするのです。


また、体内で作られた「氣、血」のうち、余った分は体内に蓄えられて、必要に応じて使います。


「氣」は腎に「精」という形で貯蔵され、「血」は肝(肝臓)に蓄えられています


そして、体内で何かの原因により「氣、血」の生成能力が低下、「氣、血」が不足した時には、貯蔵してあるものを利用する訳です。


これは本当に素晴らしい機能です。


体内の小宇宙の神秘ですね。


みなさんの身体を作っているのは「毎日の食事と飲み物と呼吸」。


そして何よりも皆さんの精神状態、意識の状態が体に反応として現れます。


食事と呼吸に氣を配り、日々、穏やかな気持ちで全てに感謝することが健康のカギになります。




感謝



その他の記事を読む



 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。