「吉原氣療院」院長のブログ

秋の過ごし方



みなさん、ご機嫌いかがですか?吉原氣療院 院長の吉原 由行です。

最近、「エキテン口コミランキング第1位」戴きました。。。

みなさまのおかげです。ありがとうございます。。。



「暑さ寒さも彼岸まで」と申しますが、先日のお彼岸を過ぎて季節はすっかり初秋。。。
朝晩は寒さすら感じるこの季節です。

さて、残暑も過ぎ過ごしやすい季節の秋ですが、夏バテや季節の変化による体調不良を生じ易い季節でもあります。
夏の間の、冷飲、冷食で「胃」をはじめとした様々な内臓の疲れを生じています。
東洋医学では昔から「冷飲傷胃」「冷飲傷肺」という言葉がありますが、まさに「胃」や「肺」からの疲れがたまっている方が多い季節な訳です。
まず、冷たい物で冷えて疲れた「胃腸」の調整が必要です。
この季節は皆さん、お腹を押すと(内臓調整)胃腸や腎臓、脾臓などが硬くなっている方ばかりです。
秋は、「実りの秋」とも申します。
せっかくの実りの季節ですから、旬の食材、根菜等、体を温める食材(生姜等)を上手に食べるのが良いでしょう。
また「スポーツの秋」とも呼ばれるこの季節ですが、「肺」の機能の回復には適度な「有酸素運動」が最適です。
さらに、秋が深まっていくと気温も下がり空気も乾燥し一層「肺」が大事になります。
「黄帝内径」では「肺主秋(肺は秋をつかさどる)とあるように、「肺」は、呼吸器系や皮膚をつかさどり、「五臓」の中でも乾燥に弱いのが特徴です。
「肺」が弱っていると、乾いた咳が出たり、肌が乾燥し痒くなったりします。
今のうちに適度な運動により「肺」の機能を回復することをお勧めいたします。

当院では、マッサージなどでは受けられない腹部へのアプローチによる「内臓調整」も行っております。
季節の変わり目の「からだのチューンナップ」は吉原氣療院へご相談ください。

感謝


山梨県南巨摩郡富士川町最勝寺1326-1 
☎ 0556-48-8123
氣功整体「吉原氣療院」院長:吉原 由行


コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    渡辺洋之 (金曜日, 25 12月 2015 17:17)

    こんにちは。
    2525site.com渡辺洋之です。
    お問い合わせいただき誠にありがとうございます。
    資料を郵送で送らせていただきます。
    今後ともよろしくお願い申し上げます。

  • #2

    渡辺洋之 (金曜日, 25 12月 2015 17:21)

    今、気がつきました。
    私、富士吉田市倫理法人会の会員です。
    法人会のモーニングセミナーで講話いただきました。
    ありがとうござました。
    今年は、山梨県倫理法人会の研修委員長を務めています。
    不思議なご縁でした。